天山のまかない料理

和・洋・中・伊、それぞれの料理の匠から
家庭でも作れるおいしい料理を習っちゃおう☆
というこのコーナー♪

西多摩の料理の匠たちが誇る
奇跡の技をご紹介!


今回は、
 羽村市栄町にある「遊々天山」で
 天山二号店(瑞穂町松原)の店長に
 まかない料理を教わっちゃいます!

こちら二号店


ナッチャンもいつになく匠にツッコミを入れたりして
お笑いコンビのよう。
ご覧下さい、このワルい顔!笑

というわけで、和気藹々ムードの中
できあがった本日のまかない料理!
春野菜マーボです。


本店オーナーも一緒とあって
会食はいつもどおりの緊迫ムード。

ただし、さすがは店長。
山下さんもすんなりOKコメントです。

麻婆豆腐といえば、何種類も調味料を
混ぜ合わせなければならないし、
必要な調味料が揃いきらないこともありがち。
その点、
食べたいときにパパッとできる麻婆豆腐は理想ですよね。

この方法なら、ある材料だけでおいしい麻婆豆腐が
できること間違いなしです。
ぜひお試しあれ!

********************************
<材料>(4人前)

キャベツ    5〜6枚
ゴーヤ     1/4本
トマト      1個
アスパラ    3本
ニンニク    小1個
しょうが    少々
豚ひき肉    80g
大根の葉っぱ 適量
うまみ調味料  少々
砂糖       小さじ1
しょうゆ     大さじ2
豆板醤     小さじ1/2
ラー油     少々
鶏がらスープ   500ml

<つくりかた>
1.まずは下ごしらえ。野菜をそれぞれ食べやすい
  大きさに切りそろえる
  このとき、火の通りが均一になるような
  大きさにそろえること
2.しょうが、ニンニクはつぶして細かくする
3.中華鍋を使う場合は、よく火であぶり、油になじませる
4.3にひき肉を加え、肉汁が透明になるまで火を通す
5.4にしょうが・にんにくを加え、豆板醤で辛味をつける
6.5に固いものから順にキャベツとトマト以外の
  野菜を加え炒める
7.6にチキンスープを注ぎいれる
8.最後にキャベツを入れ、しんなりしてきたら
  うまみ調味料、砂糖を入れ、醤油を入れる
9.8にトマトを加え、味をみてさらに醤油で味を調える
10.仕上げに水溶き片栗粉をまわし入れ、ラー油で
   辛味を加えて
できあがり☆

<今日のポイント>
◎野菜はあるものなんでもOK
◎調味料はいっぺんに加えず、徐々に調整!


=============
遊遊天山
羽村市栄町1−3−12
042−578−0203
月曜定休
地図
=============

00:07:29 on 05/04/08 by tenko - 匠な料理人のマル秘テク -

プランシエルのまかない料理

和・洋・中・伊、それぞれの料理の匠から
家庭でも作れるおいしい料理を習っちゃおう☆
というこのコーナー♪

西多摩の料理の匠たちが誇る
奇跡の技をご紹介!


今回は、
 青梅市河辺のフレンチレストラン「プランシエル」で
 まかない料理を教わっちゃいます!

先生は郁弥さんです。


まかないは毎日の糧であると同時に、
プロとしての技術を磨き、師匠にアピールする重要な場です。
会食中もちょっぴり緊迫したムード。

オーナーシェフから感想とアドバイスをいただいてます


ナッチャンは相変わらず・・・笑

というわけで、できあがった本日のまかない料理!
ホワイトソースのせオムライスと
クルミのドレッシングのサラダ、スープの3品です。


ナッチャンが習ったのはオムライス。
チキンライスを炒め、とろける卵焼きをかぶせたら
ホワイトソースをかけてできあがり。
しっかり味のチキンライスに、ホワイトクリームが
マイルドさを加えます。
いつもの家庭料理が一味変わるポイント。
ぜひお試しあれ!

********************************
<材料>(2〜3人前)

※少々おまちください・・・


<つくりかた>
1.まず、バターで小麦粉を焦がさないように炒める
2.さらっと溶けたところで牛乳を加える
3.とろみが出てきたら火から下ろし、
  塩こしょう、ナツメグで味をととのえる
4.次に、フライパンで1cm角に切った鶏肉を炒める
5.火が通ったところで肉を一旦取り出す
6.残った油で、みじん切りにした玉ねぎとにんじんを炒める
7.6に再び鶏肉を戻しいれ、ケチャップ・ウスター
  ソースで味をつける
8.7を型に入れて、皿にあける
9.フライパンに溶いた卵をまわしいれ、強火でさっと
  焼いて半熟状で8のライスに乗せる
10.3のホワイトソースをかけて

できあがり☆

<今日のポイント>
◎ホワイトソースはグラタンソースなどよりも薄味に
◎チキンライスは具材に味をつけてからライス
 を入れるとべちゃっとならない
◎見栄えは最後にかけるホワイトソースでごまかせる!


=============
フレンチ『プランシエル』
青梅市河辺町9−8−9
0428−20−8577
月曜定休
地図
=============

12:25:25 on 03/02/08 by tenko - 匠な料理人のマル秘テク -

3.14のまかない料理

和・洋・中・伊、それぞれの料理の匠から
家庭でも作れるおいしい料理を習っちゃおう☆
というこのコーナー♪

西多摩の料理の匠たちが誇る
奇跡の技をご紹介!


今回は、
 福生のイタリアンレストラン「3.14(さんてんいちよん)」で
 まかない料理を教わっちゃいます!
先生は黒澤さんです。


まかないといえば、通も食べたがる
門外不出の裏メニュー♪
手早く、斬新に!
スタッフにとっては、実力を披露する格好の場でもあり、
腕を試される、緊張度満点の料理な・の・だ!

緊迫した空気が走った試食の瞬間

というわけで・・・
ここだけの話、ビビリまくっていたという黒澤さんの
まかない料理とは〜?!


『ベルドューラ・グラテラーレ クロサワスペシャル』

です!
イタリアン店だからこそ、まかないくらいは
味を変えて・・・でもスタッフみんな、新鮮野菜が大好きだから。
というわけで、
採れたて野菜をふんだんに使った、中華風パスタです。
ピリッとくるお味がたまりませーん!

********************************
<材料>(2〜3人前)
パスタ   250g
野菜    お好みで適量

醤油  50cc
みそ  20g
豆板醤 5g
ゴマ油  20cc
おろしニンニク 10g
オリーブオイル 10cc

<つくりかた>
1.パスタを茹で始める
2.野菜を大きめにカットする
3.ソースの材料を合わせる
4.あらかじめ熱しておいたグリル板で
  野菜をフレッシュ感が残る程度までグリルする

5.4を3に移してからめる
6.茹で上がったパスタと5をからめれば

できあがり☆

<今日のポイント>
◎野菜はシャキっとグリルする


=============
『3.14』
福生市本町110
042−530−0815
月曜定休
地図
=============

01:47:07 on 01/31/08 by tenko - 匠な料理人のマル秘テク -

『かしわ鍋』

和・洋・中・伊、それぞれの料理の匠から
家庭でも作れるおいしい料理を習っちゃおう☆
というこのコーナー♪

西多摩の料理の匠たちが誇る
奇跡の技をご紹介!


今回は、
和の匠
 羽村にある和食厨房「ゆず」のオーナーシェフ
 細渕嘉彦さん

昔はやんちゃだったのでは・・・・笑
熱くておもしろい匠です♪

寒くなってきました。
鍋の季節☆
今回は美味しい鍋の作り方を匠に伝授していただきました。

ほんのひと手間と手順のコツで、ぐんと美味しくなるんです!

「うっ、うまい!!」

こちらができあがり☆


<材料>
4人前
鶏モモ肉    250g        (銀あん)
鶏手羽先    4本       出汁    360cc
鶏ひき肉    200g
(つくね用)
 卵        1/2個
 パン粉      10g
 味噌       10g
 醤油       10cc
 しょうがの絞り汁   少々
焼き豆腐     1丁
白菜       4枚
ネギ       1本
舞茸       1パック
えのき      1パック
しいたけ     4ヶ
ごぼう      20cm
春菊       1把
(スープ)
 出汁      1100cc
 みりん     100cc
 うすくち醤油  100cc
 酒       100cc

<つくりかた>
1.まずは下ごしらえ
  鶏もも肉を軽く湯引きし、氷水にあけておく
2.鶏ひき肉に卵とパン粉を加え、よく練り合わせる
3.ねばりが出てきたら、味噌・醤油・しょうがの
  しぼり汁、山椒の粉を加える
4.野菜の下ごしらえをする
  まずはごぼうを笹がきに
  次にそのほかの野菜、豆腐、きのこを食べやすい
  大きさに切る
5.土鍋を準備し、一番だしを入れる
6.5に、うすくち醤油、みりん、酒を加える
7.6を火にかけ、まずは肉を入れていく
8.肉を3〜4分煮たら、きのこ・ゴボウを入れる
9.そして、豆腐・ネギ・白菜を入れる
10.ふたをして煮て、最後に春菊を入れたら2分で

できあがり☆


<今日のポイント>
◎肉の湯引きはスープの透明さを引き出す鍵。
  肉の旨みも閉じ込めるので、必ず実践しましょう!
◎ゴボウなど、アクの強い野菜は肉鍋と相性良し◎
◎鍋の食材はいっぺんではなく、時間差で入れましょう

=============
和食厨房『ゆず』
羽村市緑ヶ丘1−5−21
042−579−3399
年中無休
地図
=============

10:30:39 on 11/26/07 by tenko - 匠な料理人のマル秘テク -

『魚香豆腐(ユイシャンドウフ』

和・洋・中・伊、それぞれの料理の匠から
家庭でも作れるおいしい料理を習っちゃおう☆
というこのコーナー♪

西多摩の料理の匠たちが誇る
奇跡の技をご紹介!


今回は、
中国料理の匠
 羽村にある「遊遊天山」のオーナーシェフ
 山下隆資さん


大きな包丁でニンニクを叩く技もすっかり習得した
ナッチャン。
今回は、変わり麻婆豆腐に挑戦です!

できあがりはこちら☆


揚げ豆腐とたっぷりの野菜を使っているので
ボリューム感あり!
ピリ辛&酸味の味付けで、ご飯が進みまーす☆

<材料>2人分
豆腐  1丁(厚揚げでも可)
荒挽肉   100g
筍      20g
しいたけ  20g
赤ピーマン 10g
ニラ     10g

調味料
豆板醤    適量
甜麺醤(甘味噌) 10g
醤油      20g
化学調味料  少々
酢       10g
ネギ   少々
ニンニク 少々
しょうが 少々
山椒   少々

<つくりかた>
1.まず下ごしらえです。
  ニンニク、しょうが、ネギをそれぞれみじん切りにする
2.甜麺醤がない場合は、八兆味噌200gに対して
  水200g、砂糖100gを混ぜ合わせ、焦がさないよう
  10分ほど煮詰める
3.2の仕上げにごま油を入れて、完成
4.鍋を温め、肉を入れて炒める
5.肉汁が透明になったら、肉100gに対して
  甜麺醤10gを入れて炒める
6.豆腐を水抜きしておく
7.6を180度の油で揚げ、三角形に切る
8.野菜を軽く油通しする
9.鍋に豆板醤を入れ、にんにく、生姜を入れて炒める
10.9の鍋に、そぼろ、スープを加えて、さらに7の揚げ豆腐を入れる
11.醤油などで味を調えたら、8の野菜とニラ、ネギを入れる
12.水溶き片栗粉でとろみをつけ、仕上げに酢と山椒を
  入れたら

できあがり☆

<今日のポイント>
◎豆腐を揚げる代わりに、厚揚げや生揚げを使ってもOK
◎肉そぼろは作り置きして、いろんな料理に使えます!
◎油通しのあとは必ず湯を。さっぱりヘルシーのために欠かせません!

=============
遊遊天山
羽村市栄町1−3−12
042−578−0203
月曜定休
地図
=============

13:23:09 on 09/26/07 by tenko - 匠な料理人のマル秘テク -

『ラタトゥイユ』

和・洋・中・伊、それぞれの料理の匠から
家庭でも作れるおいしい料理を習っちゃおう☆
というこのコーナー♪

西多摩の料理の匠たちが誇る
奇跡の技をご紹介!


今回は、
フレンチの匠
 青梅にある「プランシエル」のオーナーシェフ
 蓮見章浩さん


今回は南欧野菜をたっぷり使った
フランス家庭料理『ラタトゥイユ』。
「見せ場がないほど」と、匠が笑いながら収録を心配するくらい
簡単でおいしいお料理です。


なっちゃんも匠にツッコミを入れたりして
余裕で〜す。

日保ちするので作り置きもOK。
たくさん作っていろんな楽しみ方を☆

温かいままでも冷やしても◎
パスタや魚料理のソースにしてもいいそうです!


<材料>
2人前
にんにく   1片
玉ねぎ    半分〜1ヶ
ピーマン   1ヶ
赤ピーマン  半分
黄ピーマン  半分
なす      1本
ズッキーニ  1本
トマトホール  250g

◎ブーケガルニ
 ローリエ   1枚
 パセリの茎
 タイム     少々

オリーブオイル   30cc
塩          4〜5g
グラニュー糖    少々
  
<つくりかた>
1.まずは下ごしらえを
  にんにくを粗みじんに、玉ねぎを1センチ角に切る
2.南欧野菜をそれぞれ1センチ大に切る
3.鍋にオリーブオイルを熱し、ニンニクを炒める
4.うすく色づいたら、玉ねぎを入れ、軽く塩を振る
5.つづいてパプリカ、ピーマンを鍋に入れ炒める
6.次になすとズッキーニを入れ炒める
7.6に油がなじんで艶やかになったら、トマトホールを
  入れる
8.束ねたブーケガルニを鍋に入れ、弱火にして
  塩と砂糖で味をつける

9.20〜30分煮詰めて味を引き出し、最後に
  再び塩と砂糖で味をととのえて

できあがり☆

<今日のポイント>
◎ブーケガルニは取り出しやすいように
 キッチンペーパーなどで束ねておきましょう
 また、揃わないときはローリエだけでもOK
◎野菜を炒める順番は重要。固いものから
◎トマトホールはミキシングしてこしたものを使うと
 より上品な仕上がりに


=============
プランシエル
青梅市河辺町9−8−9
0428−20−8577
月曜定休
地図
=============

21:51:18 on 08/22/07 by tenko - 匠な料理人のマル秘テク -

『自家農園じゃがいもの食べるスープ』

和・洋・中・伊、それぞれの料理の匠から
家庭でも作れるおいしい料理を習っちゃおう☆
というこのコーナー♪

西多摩の料理の匠たちが誇る
奇跡の技をご紹介!


今回は、
イタリアンの匠
 福生にある「3.14(さんてんいちよん)」の
 丹羽功一さん


暑くなってまいりました!
この時期、3.14さんの自家農園では
とびきり元気な夏野菜がおいし〜く育っています。

そこで今日は、そんな農園の野菜をふんだんに
使って、2皿のお料理にチャレンジ。
メインは、大地の栄養をたっぷり吸って大きくなった
じゃがいもです!

というわけで、


『自家農園じゃがいもの食べるスープ
   仕上げに朝採り野菜のせ』

『自家農園じゃがいものスライスピッツァ
   朝づみバジルとトマトのせ』

が今日のメニュー♪

さてさて、なっちゃん、今回はどんなドタバタぶりを
見せてくれることやら・・・・・

「いち!に!さんっ!わーー!これぐらいですか?!」

********************************
『自家農園じゃがいもの食べるスープ
   仕上げに朝採り野菜のせ』

<材料>(2人前)
水     500cc
コンソメ  適量
ローリエ  1枚
セロリ   10g
にんにく(みじん切り)  少量
ゆでじゃがいも     300g
フレッシュトマト     100g
イタリアンパセリ またはパセリ   少量
豆(ゆでインゲン豆)  10粒
塩、こしょう   適量
エキストラバージンオリーブオイル  適量

<つくりかた>
1.下ゆでしておいたじゃがいもを適度な大きさに切る
2.ミキサーに水とコンソメで溶いたスープを入れる
3.ミキサーにセロリ、にんにく、イタリアンパセリの
  みじん切りを入れ、塩こしょうで味を調える
4.3に種を取り除いたフレッシュトマト、豆を入れる
5.最後にオリーブオイルを入れてミキシングする
6.5を器に移し、冷蔵庫で冷やす
7.6が十分に冷えたら、お好みの夏野菜を盛り付けて

できあがり☆

<今日のポイント>
◎スープのコンソメは、代わりにダシの素や昆布茶でもOK
◎ミキシングは様子を見ながら少しずつ
 まわしすぎるとじゃがいものでん粉でドロドロになってしまうので注意
◎味のアクセントにタバスコを落としてもgood!


『自家農園じゃがいものスライスピッツァ
   朝づみバジルとトマトのせ』

<材料>(2人前)
生じゃがいも   2コ
ピザソース    80cc
ミックスチーズ  80g
ミニトマト     5コ
バジル      適量
塩、こしょう    少量
粉チーズ     少量
エキストラバージンオリーブオイル  少量
ピュアオリーブオイル          少量

<つくりかた>
1.生のじゃがいもを3ミリ程度にスライスする
2.1をフライパンで炒め、火が通ったところで
  ミックスチーズをのせる
3.さらにピザソースをかける
4.ミニトマトとフレッシュバジルを散りばめたら、
  蒸らして

できあがり☆

<今日のポイント>
◎ピザソースは市販のものでもOKですが
 トマトをミキサーにかけ、塩とグラニュー糖だけで
 味付けした手作りソースにチャレンジすると
 よりおいしく☆


=============
『3.14』
福生市本町110
042−530−0815
月曜定休
地図
=============

15:22:18 on 08/01/07 by tenko - 匠な料理人のマル秘テク -

『茄子の揚げ出しそぼろあんかけ』

和・洋・中・伊、それぞれの料理の匠から
家庭でも作れるおいしい料理を習っちゃおう☆
というこのコーナー♪

西多摩の料理の匠たちが誇る
奇跡の技をご紹介!


今回は、和の匠
 羽村にある和食厨房「ゆず」のオーナーシェフ
 細渕嘉彦さん

男の中の男、熱い匠♪
厨房では無口?ほんとですか〜?

実は今回の裏テーマは、和食の基本「だし」。
おいしいだしの取り方をマスターしてこそ、
料理の味が生きてくるのです!


なっちゃん、日本の母になれ!

というわけで、本物のだしを効かせた本日の逸品
できあがりは、こちら☆



<材料>2人前

(だし)
水    1リットル
昆布   5g
かつおぶし   20g

茄子    2本
長ネギ   5cm×2本
鶏ひき肉  70g
 (酒    適量)
 (水    適量)
しょうが  少々
だし    180cc
濃口しょうゆ   30cc
みりん       30cc
水溶き片栗粉  適量

<つくりかた>
1.まずだしを取ります。
  昆布を水に30分ほどつけてから
  火にかけ、60度に温度を上げる
2.気泡がたくさん出てきたら昆布を取り出す
3.沸騰する寸前にかつおぶしを入れる
  さし水をして、浸透圧でうまみを引き出す
4.アクを丁寧に取り除く
5.別のボウルにふきんかペーパータオルをかけ、
  4のだしをあけて、一番だしの完成です。
6.ナスは、ヘタと下の部分を切り、ピーラーで模様を
  入れたら3等分にする
7.6を水にひたしてアクを抜く
8.ネギは、軽く切り目を入れて開いたら、真ん中の
  部分を取り除き、白い部分だけを細く切って
  白髪ネギを作る
9.しょうがはすりおろした後に、包丁で切るように叩く
10.鶏ひき肉を鍋に入れ、火をつけないうちに水と酒
  を入れて溶く
11.10を火にかけて、火が通ったらペーパーで濾す
12.7のナスの水分をよくふき取って、160度の油で揚げる
13.5の一番だしを6、濃口しょうゆ1、みりん1の割合で
  混ぜ、あんかけを作る
14.13にそぼろを入れ、煮立ったところに水溶き片栗粉」  を少量ずつ流し入れ、とろみをつける
15.器に揚げナスを盛り付け、14のあんをまわしかける
  最後に白髪ネギとしょうがを添えて

できあがり☆


もりおも満足♪


<今日のポイント>
◎だしを作る際、さし水を忘れずに。かつおぶしの旨み
 を一気に引き出します!
◎しょうがはすってから包丁で叩くと、繊維が細かくなって食べやすくなります!
◎そぼろは火を点ける前に水と酒で溶くと、細かくキレイな仕上がりに


=============
和食厨房『ゆず』
羽村市緑ヶ丘1−5−21
042−579−3399
月曜定休
地図
=============

01:14:25 on 06/14/07 by tenko - 匠な料理人のマル秘テク -

『番茄牛肉(トマトと牛肉のチリソース)』

和・洋・中・伊、それぞれの料理の匠から
家庭でも作れるおいしい料理を習っちゃおう☆
というこのコーナー♪

西多摩の料理の匠たちが誇る
奇跡の技をご紹介!


今回は、
中国料理の匠
 羽村にある「遊遊天山」のオーナーシェフ
 山下隆資さん

去年より鼻の下、伸びてませんか〜?嫉妬!byてんこ

ついにナッチャン、料理に挑戦です!
意気込みのほどは...?
「任せて下さい!!」
と言ったかはさておき、

今回は、夏にぴったりなピリ辛料理を習います。


にんにくを叩いて「ゲッ」
重い中華鍋に「うへえー」

腰ひけてますよーー

なにやら凄まじさがのぞきますが
とりあえず、できあがりはこちら☆


やわらかジューシーなお肉とトマトの酸味。
ピリッと効くチリソースの味わいが食欲をそそる
逸品です。

<材料>2人分
牛肉 100g
トマト 小1コ
レタス 半分
ニンニク 1片

肉の下味用
水 10g
片栗粉 5g
塩 少々
コショウ 少々
油 5g

調味料
酒 15g
醤油 10g
ケチャップ 15g
チキンコンソメ 2g
豆板醤 適量

水溶き片栗粉
 片栗粉 5g
  水  10g
砂糖 15g
塩  少々
酢  10g
水  30g

<つくりかた>
1.まず下ごしらえです。
  トマトを湯剥きし、一口大にカットする。
2.レタスの葉を洗ってちぎる。
3.牛肉を薄切りにし、塩こしょうで下味をつける。
  そこへ水を加えて揉み、片栗粉をまぶしてさらに揉む。
4.3に油をからめる。
5.にんにくをたたきつぶす。
6.調味料をすべて合わせておく。
7.中華鍋をよく温めてから、油を注ぎ、
  レタスをさっと油通しする。あげたら
  湯をかけ、余分な油を落とす。
8.肉も初めに油通しする。赤みが残る程度で鍋から
  取り出す。
9.仕上げです。鍋ににんにくと油を入れ、
  トウバンジャンを炒める。
10.肉、野菜類を鍋に入れ、調味料を回し入れたら
  手早くからめて

できあがり☆

<今日のポイント>
◎レタスは芯をはずして、その部分に水流を当てると
  葉が簡単にはがせます!
◎牛肉を柔らかく仕上げたいときは、水と片栗粉は重要なポイント!
◎油通しのあとは必ず湯を。さっぱりヘルシーのために欠かせません!
◎トウバンジャンの代わりにタバスコでもOK
◎牛肉の代わりに白身魚や鶏ささみ、豚肉も合います

=============
遊遊天山
羽村市栄町1−3−12
042−578−0203
月曜定休
地図
=============

12:24:51 on 06/07/07 by tenko - 匠な料理人のマル秘テク -

『香味鶏のロースト 春野菜とともに』

和・洋・中・伊、それぞれの料理の匠から
家庭でも作れるおいしい料理を習っちゃおう☆
というこのコーナー♪

西多摩の料理の匠たちが誇る
奇跡の技をご紹介!


今回は、
フレンチの匠
 青梅にある「プランシエル」のオーナーシェフ
 蓮見章浩さん


今日は鶏肉を使った簡単フレンチ。
付け合せには野菜をたっぷり使います。
市場にそろそろ並び始める春野菜。
瑞々しくて甘みがあって、この季節は格別に
楽しみですよね。
おいしそうな野菜をみつけたら、
早速作ってみてください♪


皮目をカリッカリに焼いた鶏肉を、
野菜の上に置いて鍋ごとオーブンへ。
肉全体に火を入れ、肉汁を野菜へ染み込ませます。
今回はオーブンを使ったお料理☆


毎度、盛り付けに苦戦するてんこ局長

そしてこちらが、できあがり(匠盛り付け)!



<材料>
2人前
鶏もも肉    1枚
◎マリネ用
 ニンニク   2片
 しょうが   にんにくと同量
 白粒こしょう  15粒くらい
 パセリの茎  少々
 タイム(できれば生)  少々
キャベツ   1/8ヶ
メークイン  1ヶ
玉ねぎ    1/4ヶ
人参     1/6本
ニンニク   1片
バター    少々
オリーブオイル  少々
◎つけあわせ用
 ブロッコリー
 いんげん
 芽キャベツ
 菜の花
 プチトマト     など、お好みで
◎ソース
 バター
 レモン汁
 パセリ      それぞれ適量
  
<つくりかた>
1.鶏肉の脂身や大きめの筋を取り除き、皮目に
  数箇所切り込みを入れる
2.マリネ用の材料を全体にまぶして、一晩おく
  白粒こしょうはつぶして使用してください
3.つけあわせ用の緑野菜を下ゆでする。それぞれ
  食べやすい大きさに揃えたら、種類ごとに塩水で
  ゆでる
4.ゆであがった順に氷水に入れ、色止めをする
5.人参とメークインも塩茹でし、メークインは皮ごと
  輪切りにする
6.熱した鍋にオリーブオイルとバターを溶かし、
  15ミリ角に切ったニンニクを入れ、薄く色づいた
  ところで、玉ねぎとキャベツを入れ、軽く炒める
7.塩、コショウで味を調えたら火から下ろし、
  5の野菜を入れる
8.熱したフライパンにオリーブオイルを入れ、
  鶏肉を皮目から焼いていく
9.皮目はしっかりと、裏返したらさっと火を通す程度に
  炒めたら、7の鍋へ移す
10.9をオーブンへ。ご家庭では200度で7〜10分が
   目安
11.10が仕上がる直前に、鍋に湯を沸かし、バターを
   溶かしたもので、茹でておいた野菜を温めなおす
12.オーブンから鍋を取り出したら、野菜と鶏肉を皿に
   盛り付ける
13.鍋に残った汁を使ってソースを作る。
   鍋を火にかけ、バター、パセリのみじん切り、
   最後にレモン汁を加える
14.盛り付けた鶏肉のまわりにソースをたらし、
   最後に11で温めなおした野菜とプチトマトを
   彩りとして盛り付ければ・・・

できあがり☆

<今日のポイント>
◎野菜を茹でる塩加減は、海水よりちょっと薄い程度
 旨みと色を引き出します! 
◎茹で加減はシャキシャキ感を大切に。
 面倒でも1種類ずつ、丁寧な仕事を
◎ジャガイモの塩茹では、岩塩でホイル包みにしても◎
 ねっとりとした甘い仕上がりとなり、オススメ☆
◎盛り付けは春野菜1つ1つを主張させるように。
 ソースはカリっとローストした鶏をしんなりさせないよう
 肉にはかけないように


=============
フレンチ『プランシエル』
青梅市河辺町9−8−9
0428−20−8577
月曜定休
地図
=============

13:23:17 on 02/23/07 by tenko - 匠な料理人のマル秘テク -