決定!下半期西多摩蕎麦王!

今年度のマルかじりは蕎麦年鑑☆
番組では、日本の食文化と言える蕎麦の魅力に注目して、
蕎麦店主の、蕎麦に賭ける思いを取材して来ました。
今回はいよいよ下半期総決算!
スペシャル番組にて下半期の蕎麦王が決定いたしましたーー!

下半期蕎麦王は・・・・

青梅の蕎麦 榎戸さんでした!


おめでとうございまーーす!

発表を聞いた瞬間、「信じられない」という表情の
ご主人、榎戸明さん。
でもその栄誉をかみ締めて、
さらなる素晴らしい店作りの決意を新たにされていました。

自家製粉にこだわり、そばつゆにこだわる。
それは当たり前のこととして、
器やお箸、お盆に花、そして接客、
すべては「お店でおいしく蕎麦を味わってもらうため」のカタチです。
「自分達の都合ではなく、お客様が気持ちよく」
という思いの元に、日々、蕎麦作り・店作りを追究している榎戸さんでした。



そして第二位は!

羽村の伊豫さんです!
おめでとうございます。

蕎麦界で神と称される、故・片倉康雄さんに師事した
ご主人、石橋賢英さん。
「親方」と親しみを込めて呼ぶ師匠、片倉さんからは
蕎麦打ちの技術以上の人生哲学をも学んだようです。


片倉さんの考案した蕎麦寿司を作ってくれながら、
ご主人は蕎麦のおもしろみ、そして人と人との出会いの大切さを
私たちに語ってくださいました。


そして第三位は!

羽村の甚作さんでした!
おめでとうございます。

「真剣に、魂をこめて蕎麦を打たないと
美味しい蕎麦は作れない」と語るご主人、小久保泰二さん。

もちろん毎日、自家製粉した粉で蕎麦を打ちます。
ご実家も蕎麦屋を営んでいるため、
幼い頃から蕎麦に接して育ってきた…その結果、
人一倍、蕎麦本来の味や香りを大切にするのです。
それはまさに本能に近いことなのかもしれません。

実家の良さを引き継ぎつつ、
そこにとどまらずに研究を重ねて変わり蕎麦を
打ち出していくなど、進化しつづける甚作さん。
「次は1位をめざしてがんばります!」と誓うご主人の姿は雄雄しかった☆

**************************
さてさて、蕎麦年鑑として上半期・下半期蕎麦王が
めでたく決定しました!
が、どの店主も蕎麦にかける思い、こだわりには
並々ならぬものがあり、様々な哲学を持っていらっしゃいました。
どこと決めるのはもったいないくらいのお店が
西多摩にはたくさんあります。
あなたも、自分の蕎麦王を見つけるべく、いろんな蕎麦を食べ比べてみてください。
そうして、みなさんがこれまでとは違う目線で蕎麦を
楽しまれるようになったのなら、
マルかじり一同、本望でございます。笑


00:38:16 on 03/27/08 by tenko - 我が人生、蕎麦にあり -

下半期蕎麦王決定スペシャル放送決定!

決定しました!
『下半期蕎麦王決定スペシャル』☆

3月22日(土)放送でーす。

さぁ、あなたが選ぶ西多摩の蕎麦王は?!
投票お待ちしています!

エントリーは以下14店舗。
すべてチェックしたら、
チャンネルガイドの巻頭についている投票用ハガキに、
必要事項をすべて明記の上投函してください♪
締め切りは3月10日(月)です。

皆様の投票、お待ちしています!!

榎戸
甚作
仲町藤野屋

梅の内
笹家
伊豫
蕎麦よしの
門前そば もとはし
十割りそば 谷津
大むら
蕎麦 丹三郎
まこと屋
夢猫

23:34:43 on 03/07/08 by tenko - 我が人生、蕎麦にあり -

そば処 夢猫


青梅市成木にたたずむ夢猫。
自然豊かな山里には、猫と蕎麦を愛する
女主人がいる。


主人の廣岡春美。
夫の始めた蕎麦打ちに影響され、蕎麦を始めた。
元は置物などの作家だ。
「小さいころから、猫のいない生活は考えられなかった」
と語る主人の言葉通り、
店内にはいたるところに猫の置物やグッズが。


そんな主人の打つのは、難しいとされる
さらしな系の粉を使った十割蕎麦。
とてもつながりにくく、熟練した技術を要する蕎麦だ。

上の蕎麦生地は、蕎麦打ちの際に出る耳の部分。
手打ちの証だ。

敢えてむずかしいものにチャレンジしてでも、
お客の喜ぶ顔を見たいと語る笑顔が印象的だ。

日常系主人:廣岡 春美さん
モットー「努力しがいのある大切なもの」

=================
そば処 夢猫
青梅市成木8−81−1
090−7407−5966
土曜・日曜のみ営業(第3土日を除く)
地図
=================

23:15:42 on 03/07/08 by tenko - 我が人生、蕎麦にあり -

まこと屋


羽村駅東口にほど近いまこと屋。


主人の轟誠さんは、
手打ちにこだわり、健康食である蕎麦と
真剣に向き合っている。

この地で蕎麦屋を始めて19年。
お客の喜ぶ顔を見るため、
そしてお客の健康をも気遣って新たに
薬膳蕎麦を出すことにした。

それが、韃靼蕎麦。

真っ黄色の蕎麦には、コレステロール値を下げ
糖尿病など生活習慣病に効果があると言われる
ルチンが、ふつうの日本蕎麦の100倍も含まれている
という。


手間隙かけ、究極の健康食を提供することが
主人にとっての生き甲斐なのだ。


こだわり系主人:轟 誠
モットー「蕎麦は究極の健康食」

===============
手打ち生蕎麦 まこと屋
羽村市五ノ神4−4−2−101
042−579−2664
年中無休(月曜のみ、午後休み)
地図
===============

12:36:11 on 03/02/08 by tenko - 我が人生、蕎麦にあり -

蕎麦 丹三郎


奥多摩町に佇む丹三郎。
雪景色もさまになる築260年という歴史ある屋敷は、
庄屋屋敷といして江戸の時代から人々の生活をみつめてきた。


主人の黒住浩次。

20年間、飯能にある蕎麦屋に勤めた主人は
その店で運命的な出会いを果たしたのだ。
常連客から偶然、この屋敷のことを聞かされた・・・
「面白い!」

学生時代に建築を学んだ主人にとって、この屋敷は
夢膨らむ場所そのものだった。
そして、主人は独立を決意したのだ。


蕎麦と屋敷。
主人にとって、それぞれ人と人をつなぐ「出会い」から
生まれたもの。
だから主人は人生における出会いを大切にしているのだ。


こだわり系主人:黒住浩次
モットー「蕎麦は出会いそのもの」

===============
そば うどん 丹三郎
奥多摩町丹三郎260
0428−84−7777
毎月1、11、21、31日定休
地図
===============

19:36:09 on 02/13/08 by tenko - 我が人生、蕎麦にあり -

大むら


河辺駅からほど近く・・・
ここには、お客に美味しい蕎麦を食べてもらいたいと
心から願う主人がいる。

主人の原邦雄さん。


修行していた叔父の店から独立し、
30年前、この地に店を構えた。
当初は機械打ちによる蕎麦作りをしていたが
あるとき、手打ちの蕎麦に出会って思いが変わった。
「おいしい蕎麦を食べてもらわなくては」


自分で感じ、追究し続けているからこその
蕎麦の味。
その美味しさ、その感動をお客にも感じてもらいたいのだそうだ。

日常系主人
モットー「美味しい蕎麦を食べてもらいたい」

==============
蕎麦 大むら
青梅市河辺町9−1−34
0428−24−5493
水曜定休
地図
==============

00:23:48 on 02/07/08 by tenko - 我が人生、蕎麦にあり -

十割りそば 谷津


梅の郷、梅郷に佇む「谷津」
早春には観梅客で賑わう。


板そばは、十割と八割、二種類の蕎麦に
ふつうのめんつゆと江戸前の辛つゆ、二種類のつゆ。
客の好みに合わせていろいろな楽しみ方ができる。
蕎麦に香りをつけた梅そばやゆずそばも人気だ。

人とは違う柔軟な考えは、お客に喜んでもらいたいがため。
邪道と言われても、みんながやらないものを
提供したいと語る。


モダン系主人:福島 忠志
モットー「お客の喜ぶ顔が生きがい」

===============
十割そば 谷津
青梅市梅郷3−782−1
0428−76−0643
年中無休
地図
===============

01:08:30 on 01/31/08 by tenko - 我が人生、蕎麦にあり -

門前そば もとはし


塩船観音寺の門前にたたずむ「もとはし」
年始めなど、参拝客で賑わう蕎麦屋である。

もとは建築業に携わっていた主人だが、
蕎麦を始め、そしてのめりこむようになって7年。
はまるととことんこだわるのは、何に対しても同じだったようだ。



蕎麦の素晴らしさを実感するようになって以来、
主人は原料にこだわっている。

各地の蕎麦粉を試し、たどり着いたのが
茨城県産のブランド蕎麦「常陸秋蕎麦」。

食という文字は”人に良い”と書くでしょう?と語り、
昔から寺の修行僧も食してきた古くからの健康食
といわれる蕎麦は、文字通りの健康食なんだと
モットーを話す。


日常系主人:本橋一晃さん
モットー「古くから伝わる健康食」

==============
門前そば もとはし
青梅市塩船220−1
0428−24−0039
火曜・第4月曜定休
地図
==============

23:01:32 on 01/25/08 by tenko - 我が人生、蕎麦にあり -

蕎麦よしの


滝山街道沿いの「蕎麦よしの」。
モダンな佇まいとシンプルな店内には、
主人の蕎麦に対するポリシーが投影されている。


それは、蕎麦という食材のシンプルさ。
だからこそ奥深い魅力を持つこの食材の
美味さを最大限に引き出すことだけにこだわる
のに似ている。


原料へのこだわりを徹底し、
蕎麦の実を直接農家から買い付け、
不純物を取り除き、実の皮をむく。
そして自家製粉。
この、自家製粉までの下処理の段階が、
蕎麦本来の味を出すためにはとても重要なのだ。


手間隙惜しまず、蕎麦の魅力を追求している。


こだわり系主人:吉野進さん
モットー「食材の魅力を追求する」

==============
蕎麦よしの
あきる野市菅生818−2
042−558−5313
月曜定休
地図
==============

23:43:13 on 01/10/08 by tenko - 我が人生、蕎麦にあり -

伊豫


小作駅そばの伊豫。
ここには、蕎麦が運命的な出会いのひきがねとなった主人がいる。

変わり蕎麦を代表する一茶庵創業者であり、
蕎麦界で神と称される、故・片倉康雄。
その片倉氏から受け継いだのが、この色の白い
さらしな蕎麦だ。


蕎麦の香りというよりは、その色、のどごしの
清涼さを楽しむ種の蕎麦である。
西多摩では珍しい蕎麦のひとつだ。
主人はこの蕎麦にこだわっている。

というのも、「親方」と親しみを込めて呼ぶ
師匠、片倉の蕎麦だからにほかならない。
直弟子として師匠から教わったのは、
美味しい蕎麦の打ち方だけではなく、
人と人との出会いの大切さでもあったようだ。



こだわり系主人:石橋賢英さん
モットー「人と人をつなぐ大切な存在」

============
蕎麦所 伊豫
羽村市小作台1−6−12
042−578−2550
日曜定休
地図
============

12:29:16 on 12/14/07 by tenko - 我が人生、蕎麦にあり -